検索

プラン見直しのご提案

なぜ見直しが必要なの?

ご加入者様の年齢やライフイベントによる家族構成の変化等にあわせて、必要な保障は変化します。一方で民間保険を中心に保障内容・保険料(掛金)が社会のニーズ等により進化・改善していく場合も見られます。

商品や制度・時代の変化により随時、掛金や保障内容を見直すことで、皆様にとってのより最適なプランを見つけることにトライしてはいかがでしょうか。

<Myセーフティ>加入者の内、60%を超える方が生命共済<ささえ愛>にもご加入いただいております。

おすすめする理由

1.電通共済生協グループの基盤保障(生命共済<ささえ愛>+医療・傷害<Myセーフティ> )に加入することで、身体・生命のリスクに備える第1段階(基盤)となる安心の保障が廉価で確保できます。

(民間生命保険会社で死亡保障3,000万円以上ご手配の方は、3,000万円までの保障額を生命共済<ささえ愛> に移行することで保険料節約を実現可能となるケースが多く見られます。)

※詳細は以下のシミュレーションあるいは、募集パンフレットをご参照ください。

2.加えてさらに、全額自己負担となる高度先進医療の保障(600万円までの実額+一時金(10万円)/<Myセーフティ>医療保障2口タイプ加入の場合 )や、かつては重度の寝たきり認知症にならなければ保険金を受け取れなかった介護保障を要介護2の認定で保険金(一時金200万円または100万円)を受け取ることのできる「介護保障特約」等、<Myセーフティ>には皆様のニーズに応える先進的保障を取り入れて団体割引等の適用により廉価で提供しています。

ご加入されている保障は定期的に見返して、良いものを安く加入することが家計・保障・資産の防衛といった観点から必要です。

3.組合員のニーズに応え、2020年12月から新たに三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)一時金特約100万円保障を新設し、より手厚い保障を備えることができるようになりました。

これらに加えて、さらに皆さまのニーズに応じて追加したい保障がある場合には、第2段階としてこれらの保障を上乗せで追加していくことが賢い保険の入り方となります。

おすすめ基盤保障シミュレーション

ご家族の年齢を入力するだけで、電通共済生協グループが提供する安心の基盤保障プランがシミュレーションできます。身体・生命のリスクに備える安心の保障をこちらからご確認ください。

21-T01225(2021年6月作成)

引受保険会社(幹事):東京海上日動火災保険株式会社